【News】ダバオ市の漁師、海岸への安全なアクセスを求める

ダバオ市の漁師たちは、海岸への安全なアクセス、モンスーンによる強い波から彼らの漁船を守るよう市政府に求めた。

バランガイタロモの漁師によると、バゴアプラヤからサンタアナ波止場までの35㎞に及ぶ道路プロジェクトにより、海岸への安全なアクセス、及び、特に台風シーズンの間の強いモンスーン風から、彼らの漁船を守る高台がなくなるとのこと。

漁師たちは、6月29に宗教的な集会である、Franciscan Religious Congregationを訪れ、彼らの現状を訴えた。「政府から寄付された10隻の漁船は、道路沿いに積み重ねられた石にぶつかり、すでに損傷している」とバランガイ漁民協会海洋協議会の代表であるジミー・トルミス氏は説明した。漁師たちは、コミュニティーからの支援を求めて訴えるために、嘆願書を提出する予定だ。

「実際に漁師たちのコミュニティーを訪れた後、個人的に彼らのリクエストを聞き、懸念事項がわかりました。彼らはこの機会を見過ごすわけにはいきませんでした。彼らの意見に耳を傾けるべきです」と集会の参加者は声明文を出した。

道路プロジェクトのために家の立ち退きを求められている住民も、漁業を続けるために海の近くに引っ越せるよう政府に訴えている。漁業が彼らの生活の糧であるからだ。

公共事業道路省(Department and Public Work and Highways)ダバオ地方の責任者である、アラン・ボロメオ氏によると、ダバオ市沿岸バイパス道路の次の段階は、タイムズビーチとサンタアナ埠頭をつなぐもので、まもなく開始されるとのこと。

このプロジェクトは、2022年までに完成の予定で総額190億ペソが投じられる。