【News】新バランガイキャプテン、就任の宣誓を行う

5月に行われたバランガイ選挙で選ばれた、バランガイキャプテン達が、サラ・ドゥテルテ市長の前で就任の宣誓を行った。

国務地方自治省( Department of Interior and Local Government )によると、今回選ばれた、182名のバランガイキャプテンのうち、143名が男性、女性はわずか39名である。183のバランガイのうち、63のバランガイで新しいキャプテンが当選しており、残りは再選である。

サラ市長はスピーチにて、彼らのダバオ市へのサポートに感謝しつつ、新バランガイチームの2日目となる7月2日には、今後3年の計画を協議するよう要請した。但し、市長は次回のバランガイ選挙が延期され、2022年に行われることが考えらるとし、3年プラス1年分の計画を立てるべきだと述べた。各バランガイは、1年目のプロジェクト計画を、9月と10月の予算編成期間までに提出することが求められている。

市長によると、ダバオ市は、持続可能な発展を通した、平和と発展を追求しており、その平和と発展をを確立することが市のビジョンであるとのこと。「私たちは市の発展を目指し、それが持続可能であることを確実にしなければなりません」と市長は述べた。

新バランガイチームは、6月30日に就任する。