【News】ダバオ地方警察、市内バスターミナルで抜き打ち査察を実施

ダバオ地方警察署の地域担当責任者であるマヌエル・ガエルラン氏は3月28日、市内最大のバスターミナルであるダバオ市オーバーランドトランスポートターミナル(Davao City Overland Transport Terminal:以下、DCOTT)を対象に抜き打ち査察を実施したことを発表した。これは、バスの運転手の状態や、乗客の運送において各バスに問題がないことを保証するために行われたとしている。

ガエルラン氏によれば、当査察を行った結果、運転手の状態や各バスの状態はどれも条件を満たしていることを確認したため、問題は発見されなかったとのことだ。

また同氏は、乗客の出入りの観察や、検問所に配備されている警備員についても査察しており、自らもバスに乗車をして状況を確かめた。

同氏は、今回のような方法を通して乗客の身の安全を保証するとともに、運送に相応しくない車両を排除していきたいと述べている。

さらにガエルラン氏は、DCOTTの運営に対してさらに良いものを目指してほしいという願いを込めて、10点中9.9点の高評価を与えた。