【News】大統領が高級密輸車を鉄拳でスクラップに

2月6日14:00頃、ダバオ市関税局が位置するダバオ港(Davao Port)内で、7台の高級密輸車がショベルカーで破壊され、完全にスクラップにされた。この日は同時に関税局の開局116周年記念日にあたり、記念日に合わせて大統領が鉄拳制裁を下したかたちとなった。

関税局関係者の話ではドゥテルテ大統領は増加する密輸の撲滅狙いで、見せしめとして、マニラ・セブ・ダバオの密輸車スクラップを決め、「くそったれ密売人たちをぶっつぶしてやる。2回やれば二度とやらないだろう。税はきちんと払ってもらう」と発言していたという。今回鉄拳で潰された車は合計30台、総額6100万ペソ相当。マニラで20台、ダバオが7台、セブが3台であった。

取材は大統領府広報チームだけの独占取材となっていたが、今回ダバオッチでは関係者から独自に直接情報と動画を入手。高級トヨタ車5台とベンツ車2台が容赦なく潰される様子を動画で御覧ください。