【特集】ダバオで唯一の日系旅行会社、ハローワールドツアー

皆さん、こんにちは。ダバオッチ編集部です。ダバオの観光で皆さんは何を思い起こしますか?海?山?リゾート?おいしい食べ物等、ダバオにはまだ日本であまり知られていない観光スポットが沢山あります。今回は、ダバオで唯一の日系旅行会社、「ハローワールドツアー」をご紹介します。

【日本語で対応可能な親切な旅行会社】

ハローワールドツアーは、会社として登録されたのが、2010年8月。実際に業務を始めたのが、2011年1月。元々は、ダバオにある日本のNGO、日本フィリピンボランティア協会(JPVA)が会員のためにボランティアで行っていたサービスを、幅広く会員以外の方にも提供しようと考えたのが始まりです。実際、ハローワールドツアーが現在提供しているサービスの中には、JPVAと協力して行うものもあります。

現在、ハローワールドサービスが提供してる主なサービスをご紹介します。

<通訳・翻訳>

日本からのビジネス出張の方の通訳、在住の方の通訳(病院の付き添い等)など、様々な場面での通訳を承ってくれます。また、日本語→英語、英語→日本語、各種書類・証明書の翻訳。翻訳経験豊富なスタッフが対応してくれます。通訳・翻訳の依頼は年々、増えているとのこと。ビジネス・投資関連で日本からダバオを訪れる人が増えていることもあり、その通訳や、反対にダバオから日本へ行くのに、手続上、必要な書類の翻訳を依頼されることが増えているそうです。

<SSR 退職者ビザ>

申請の初めから最後のビザを受け取るところまで、すべてお手伝いしてくれます。日本において準備するだけではなく、こちらでも用意をして申請しなければならないものもあり、特に言葉に不安があるか方などは、日本語の話せるスタッフの付き添いがあると、安心できますよね。

<ビザ申請手続き>

本人申請・同伴者申請や更新等。

最近、移民局からの認可を受け、ハローワールドツアーのオフィスにて、ビザ申請・更新手続きができるようになったとのこと。認可を受けたことにより、申請・更新手続き費用が以前より安くなり、手続きが完了するまでの時間も短縮したそうです。

<航空券・ホテル手配>

国際線、国内線、日本やフィリピンのホテル手配や日本へのツアーの手配。

経験豊かなスタッフが相談にのってくれます。

<遺族年金請求手続き>

ハローワールドツアーで手続きができます。特に残された配偶者が日本語を解さない場合、とても助かると思います。

<配達サービス>

UPS(国外向け)とCargo King(国内向け)の委託代理人

例えば、ビザ申請や航空券手配のついでに、荷物も送れるって便利ですよね。

<ダバオ英語留学>

問い合わせや申し込みがあった場合、ダバオにある英語学校を紹介してくれます。

英語留学で有名なセブに比べると、まだまだ知名度は低いですし、学校の数も多くはありません。反対に考えると、その分日本人が少なく、英語学習環境としてはいいかもしれませんね。平均留学期間は、1ヶ月から3ヶ月だそうです。

<ダイビング>

日本と比べて、格安でダイビングのライセンスを取得できます。

日本人のインストラクターを紹介できるので、言葉の心配もなく、思いっきりダバオの海を楽しめますね。

<植林活動>

ダバオから車で約1時間半のマラハンでの植林活動。

もともとJPVA が始めたこの活動は、すでに約20年行っており、過度な森林伐採、放牧、野焼き、宅地造成などの人為的行為により、はげ山になってしまった山に植林をする活動だそうです。長年の活動の成果もあり、山は順調に再生しているということ。現在のところ、日本から毎年来る、“スタディツアー”と呼ばれる学生のグループがこの活動に参加しており、学生たちからの評判はよく、実際に自分の目で見て、肌で感じて、自ら行い、学ぶものは多いそうです。この“スタディーツアー”では、植林活動の他に、老人ホームを訪れ、学生自ら市場で材料を調達し、調理をして料理をふるまう活動や、保健室活動と呼ばれる、貧しい地域の学校の保健室に薬を配布する活動に参加しています。植林・保健室活動は、“スタディーツアー”に関わらず、通常5名以上でツアーを受け付けているそうです。個人での参加は応相談とのことです。

バハダオフィスにて。 右からジェネラルマネージャーの町田さん、マネージャーのエンジェルさん、通訳兼事務のヨランダさん。

2017年4月より、これまでのダモサ地区の一つのオフィス体制から、バハダ地区にも新しいオフィスを開設しました。どちらのオフィスでも日本語で対応してもらえます。ハローワールドツアーが近くにあると心強いということで、ダバオ在住の日本人の多くがダモサ地区に住んでいるようです。

ダモサ地区は、空港に近く、日本食料品店や日本食レストランも含めた、多くのレストランがあり、SM ラナンという大きなショッピングモールもあり、便利なエリアですよね。新しいオフィスができたこともあり、これからはバハダ地区にも日本人が多く住むようになるかもしれませんね。他に日本人が多く住むエリアは、SM エコランドの側のようです。こちらは、ゴルフ場に近いようです。

新しく開設されたバハダオフィスは、日本領事館、長距離バスターミナル、移民局、ダウンタウンに近いという利便性もあり、客数や客層が増えているそうです。

今回は、バハダ・ダモサ両方のオフィスにお邪魔させていただきましたが、どちらも入り口のドアを開けた瞬間に、「こんにちは~」と明るくフレンドリーに声をかけていただきました。ほとんどのフィリピン人スタッフが日本語を話せ、中には日本在住経験のある方もいて、ダバオ在住の日本人にとってはとても心強い存在です。

実際、筆者もダバオに来たころには、ハローワールドツアーには大変お世話になりました。初めての土地で、右も左もわからないところでのハローワールドツアーの存在は本当に有難いですよね。

ドゥテル大統領が就任後は、そのお膝元である、ダバオへの関心が日本でも高まり、ビジネスや政府関係の訪ダ人数が増えているようですが、観光でダバオに来る人はまだあまり増えていないそうです。日系の旅行会社がダバオにあるということが多くの人に知られ、ダバオの魅力を知ってもらい、ダバオ/日本の往来がさらに盛んになることを願います。

いかがでしたでしょうか。今回はダバオで唯一の日系旅行会社「ハローワールドツアー」をご紹介しました。ハローワールドツアーでは、常にインターンを募集しているそうです。興味のある方はオフィスまでお尋ねください。

【基本情報】

会社名:JPVA Hello World Tour Inc.

【バハダオフィス】
住所:Bajada Door1, YL Finance Building, JP Laurel Avenue, Corner Mitui Bussan, Bajada,Davao City
電話番号:(082)300-7662
URL:http://www.jpvahelloworld.com/    https://ja-jp.facebook.com/JpvaHelloWorldTourInc

地図:

【ダモサオフィス】
住所:PNJK Compound, Angliongto Avenue, Lanang, Davao City
電話番号:(082)305-6355

地図: