【News】ダバオ国際空港の麻薬取締を強化

フランシスコ・バンゴイ国際空港(ダバオ国際空港とも呼ばれている)において、麻薬関連関連品一式が発見されたことに伴い、フィリピン麻薬取締局(PDEA)が調査を実施していることを報告した。

10月20日金曜日、明け方5時35分頃にフランシスコ・バンゴイ国際空港の男性公衆便所にて、1,000ペソ(日本円にして2,000円強)の覚醒剤(シャブ)が清掃員により発見されたとフィリピン麻薬取締局(PDEA11)のNaravy Duquiatan氏は報告をした。

発見当初、清掃員は警備員に報告し、ライター2つ、針などの麻薬関連品一式を確認し、処置を行ったとのこと。「警察機関は麻薬取締キャンペーンを強化実施しており、この清掃員の努力を賞賛する」とDuquiatan氏は話している。

フランシスコ・バンゴイ国際空港は1年あたり約200万人以上の乗客が利用するフィリピンのハブ空港となっている。2017年SleepinginAirport.netによるカナダのウェブサイト調査では、トップ25に入るアジアの空港と認められた。