【News】129人の元反政府戦闘員がTESDA専門学科を修了

ダバオ市のあるミンダナオ島で活動する反政府組織ミリティア・ナン・バヤン(MB)の元メンバー129人が、専門職のスキル・トレーニングプログラムを完了し、コンポステラ・ヴァリーで修了証明書(NCII)の授与式が行われた。

今回、トレーニングプログラムを修了した129人は、パントゥカンエリアのシティオ・ボリンゴットやディアット・パロの出身で、パントゥカンエリアにある地区46で降伏したメンバーだ。

修了したプログラムの内訳は、金属アーク溶接部門が51人、オートバイ修理・小型エンジン修理部門が31人、マッサージ療法部門が28人、ネイル・ケア部門が19人であり、訓練要件を満たした者全員にフィリピン職業訓練庁(TESDA)より付与された修了証明書が授与された。

同プログラムは、彼らのような境遇の人たちに、通常の市民として生きる道を与え、新たな人生をスタートする足掛かりとして大きな役割を果たしている。今後、トレーニングを修了し専門技術を身につけた人々が、質の高い技術やサービスを活用し、社会で活躍していくことが期待される。