【News】戒厳令下のミンダナオ島にユニクロが新店舗をオープン

ダバオのショッピングモールに進出した日系企業のユニクロ

衣料品会社ユニクロは5月26日(金)、ミンナオ島初店舗となるユニクロ・SMラナン支店をダバオ市にオープンした。ミンダナオ島全域に戒厳令が発令されて3日と間もないが、セレモニーは盛大に行われた。ユニクロはまた、3,000平米のダバオ市SMラナン支店と同規模程度のユニクロショップを、6月2日にダバオ市SMシティモールに、また、カガヤン・デ・オロ市でも6月末のオープンさせることを決定している。

ラナン支店の開店記念式典では、ユニクロ・フィリピン最高執行責任者である久保田勝美氏と、2015年のミス・ユニバース世界大会で優勝に輝いたフィリピン代表、ピア・ウォルツバックさんがリボンカッティングを行った。

ユニクロが入店しているSMラナンモールでは今年に入ってこれまでレストラン、アパレル等、合計45店舗がオープン、来年までに全ての空きスペースにテナントが入る見通しであり、また同敷地内にコンドミニアムの併設を目指して現在建設が進んでいる。SMモールは今後ミンダナオ島ブトゥアン市、ザンボアンガ市、北コタバト州キダパワン市などにも展開を予定しており、ユニクロの店舗展開の拡大も期待されている。(ミンダナオ島初進出となるSMラナン店のオープン当日の様子)