【News】ワクチンデジタル接種証明書「VaxCert PH」の申請、モールに設置された窓口でも可能に

新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いた状況が続くダバオ市。その要因として、ワクチン接種が挙げられる。集団免疫を獲得するのに必要な数の実に9割ほどの市民が、すでに2回目のワクチン接種まで完了している。そのデジタル接種証明書も、アプリから申請する以外にも取得する方法が出てきているようだ。

デジタル接種証明書「VaxCert PH」を取得できる場所がこの度増えたと、ダバオ市新型コロナウイルス対策班ワクチン担当班長のJosephine Villafuerte医師が発表した。3月16日、ダバオ市災害ラジオに出演したVillafuerte医師は、「申請窓口を市内のモールにオープンしました。16日はAbreeza Ayala MallsとSM Lanang Premier、18日はSM City Davao Ecolandにオープンします」と語った。申請したい人なら誰でも来てほしいとのことだ。

窓口での手続きに関して、同医師は、「接種券だけ持ってきてもらえば大丈夫です。接種証明書をご希望でしたら、発行します。まだ接種情報が登録されていない場合は、メールで接種証明がもらえるようにするため、手続きのためマニラに送ります」と語った。接種証明には、2回目までのワクチン接種の記録が載るとのことだ。

接種証明はウェブサイト(https://vaxcert.doh.gov.ph/ )もしくは携帯アプリからも申請できるが、接種情報や接種券に問題があるため、オンラインでの申請をしたくない人が大多数とのことだ。そのため、窓口での申請を希望している人が多いそうだ。そのため、窓口は混みあっており、長蛇の列になっているため、申請できる場所を今回開設されたモール以外にも増やす予定だという。

接種証明はデジタルでの申請も解禁されているが、なかなか利用する人がいないのが現状のようだ。

【News】来月1日からフィリピンからの入国者への隔離措置が緩和、ワクチン3回接種で隔離は除外に

【News】ダバオ地方の警察署でワクチン接種済み証明書提示制度を導入検討も

ニュース記事をもっと見る

Hello world tours

ビザ・レンタカー・通訳・翻訳なら | ダバオの日系旅行会社