【News】ダバオ市は3月1~15日の警戒レベルが「1」に緩和へ、ダバオ地方その他州はレベル2となる

感染状況が日に日に改善されているダバオ市では、3月1~15日の警戒レベルが1に緩和されることが発表された。これまでの警戒レベル2以上に、さまざまな行動制限が緩和されることになる。

2月27日、政府報道官のKarlo Nograles氏は、省庁間タスクフォース感染症対策班が、国内のダバオ市を含む39都市を警戒レベル1とすることを明らかにした。ダバオデオロ州、ダバオデルサル州、ダバオデルノーテ州、ダバオオリエンタル州、およびダバオオキシデンタル州は警戒レベル2となった。

警戒レベル2では、地方自治体が課す正当な理由の制限を条件として、移動が可能されている。また、一部施設や活動が、屋内は最大人数に対して50%、屋外では最大人数に対して70%に制限されている。また、これらはワクチン接種を終えている人に限定される。ダバオ市が3月1日から入る警戒レベル1では、年齢や持病に関わらず移動が許可される。また、健康観察を条件に、すべての施設や人、活動が制限なしで解禁される。大統領府の許可があれば、基礎教育が対面でおこなわれることも可能となる。

3月から、いよいよダバオ市は「ニューノーマル」に移行していく。コロナ禍に入ってから早2年が経つが、新型コロナウイルスと共存しながら経済を回していくことになる。

【News】ダバオ市の感染状況は改善傾向、警戒レベル1になり制限緩和となるか?

【News】コロナウィルス新規感染者は減少傾向も、デング熱患者が急増中で当局が注意喚起

ニュース記事をもっと見る

Hello world tours

ビザ・レンタカー・通訳・翻訳なら | ダバオの日系旅行会社