【News】ダバオ地域の長距離バス、近日中の運行再開を目指す

フィリピン運輸省傘下のLTFRBダバオ支部は、現在、新型コロナウィルス(Covid-19)の感染拡大防止を目的として運行を一時休止している、ダバオ地域内を往来する長距離バスの運行再開に取り組んでいる。LTFRBの関係者は、運行再開の具体的な日にちについては明言をしていないが、ダバオ地域の各自治体などと新たなガイドラインの設定などを行っているという。

一方、ダバオ市のサラ・ドゥテルテ市長は、ダバオ市が近隣エリアへの旅行再開について、レジャー目的の旅行を除き、2020年5月25日を目標としているとコメントとしている。しかし市をまたいでの移動の可否は、ダバオ市の独断で決定できることではない。

またサラ市長は、ダバオ市が外部からの入境を許可したとしても、それがすなわちダバオ市内から外部への入境が許可されることを保証しているわけではないとも述べている。現に、Davao del NorteやDavao Orientalのような近隣地域は、ダバオ市からの人々の入境を許可しておらず、まだまだ問題は山積している。

ダバオニュースの裏側へ!