【News】ダバオ市では83名の新型コロナウィルス感染者を確認、明日から強化されたコミュニティ防疫が延長

フィリピン保健省ダバオ支部によると、4月18日現在、新型コロナウィルスに感染したダバオ市内の患者は83名であることが発表された。うち16名が死亡し、48名は既に回復したという。

ダバオ市では4月4日から19日まで強化されたコミュニティ防疫施策を導入していたが、その措置を26日まで延長し、より一層厳しい都市封鎖施策を取っている。

これにより、外出禁止が18時から翌朝6時に加え、食品・医療パスを所持していても奇数・偶数番号で外出管理制限し、また市内46か所の検問所で取り締まりを強化している。

現在のところダバオ市では、26日以降は強化されたコミュニティ防疫(ECQ)からコミュニティ防疫(CQ)へと一段階引き下げを行う方針であるが、今週中の感染者の増減に注視していきたい。