【News】ダバオ市内のホテル、ハラール店舗の手本となる

ムスリム観光客の間で最も人気のあるダバオ市のTinhat Botique Hotel and Restaurant(以下Tinhat)は、観光省やアラブ首長国連邦のハラール認証国際機関Prime Groupが認定したハラール店舗だ。

レストランマネージャーのManellie Mallorca-Sabroso氏は、2009年に家族で経営し、当初のダバオ市民にユニークなコンセプトだと認識されたため、レストランの繁栄に大きな影響を与えたと述べた。

ハラール食品は宗教的理由から、イスラム教徒にとって必要不可欠なものである。同氏は、本食品は健康かつ衛生面的にも安全であることから、より健康なライフスタイルを奨励できるとして、今後もハラールフードを促進していくそうだ。

Tinhatはさらに多くの来客を受け入れられるよう、施設のさらなる拡大を予定しているとのこと。

ハラール認定の取得に励む店舗を認知することは、今後のハラール施設の増加に繋がるといえる。そしてそれにより、ハラール産業の国際競争力が向上するのではないだろうか?