【News】ミンダナオ、連邦制による急速な発展を希求

ミンダナオ開発局(Mindanao Development Authority、以下MInDA)のDatu Hj. Abul Khayr Alonto長官は、11月22日にダバオ市内で開かれた記者会見の際に、政府の連邦制への移行を引き続き推薦した。

Alonto長官は、政府が連邦制になることでダバオ市の都市開発計画が促進されると述べた。長官はさらに、連邦制下におけるミンダナオは独立が可能になると述べ、ルソン島の首都から遠く離れた地域に権限を与え、それぞれの都市開発を可能にする重要性についても強調した。

統一的な政府制度は、ミンダナオの成長と発展の阻害にしかならないと説明したほか、官僚的なプロセスも連邦制度によって軽減されるため、地域が自律的になれば都市開発計画がよりスムーズに運ぶと述べている。

さらに、Palafox Associates Philippinesの社長兼都市計画家であるFelino “Jun” Palafox Jr.氏も、フィリピンの政府制度が移行することでミンダナオはより多くの利益を得ることができると述べ、将来の投資家たちも都市と直接取引できるようになると説明した。