【News】クリスマスムードただよう公共公園、サンタとのセルフィー撮影も

ダバオ市内の憩いの場として地元で有名な公共公園「PEOPLE’S PARK」では、子供向けの「Fun Park」エリアが改装されて以来、より多くの来園者を引き寄せている。

公園内ではクリスマスシーズンに合わせて、ライトショーや綺麗なイルミネーションもたくさんあり、夜の観光スポットとしては絶好の場所。さらに市内案内所(以降、CIO)は12月15日、園内では夜5時から9時にかけて、サンタクロースと楽しいセルフィー写真を撮ることもできると発表している。

ダバオ市はFun Parkの改装に450万ペソを割り当てており、そこには子供たちの安全を考慮した360平方メートルのゴム製フロアマットも含まれている。この改装にあたってダバオ市のサラ・ドゥテルテ市長は「子供の遊び場に必要な安全基準を満たせるよう、Fun Parkの改装を行った」と語っている。

さらに同公園の管理者である建築家のジェニ・アン・マトゥギナス氏は、この改装が海外からの観光者も呼び寄せていると述べており、「PEOPLE’S PARKを訪れる人々が増えてきているいる。現地人や海外の人を問わず、遊びに来た人たちが心から楽しんでいる様子がうかがえる」と喜びのコメントをした。