【News】ダバオ市、投資、観光ビルディングの建設を開始

パルマギルストリート沿いに、2018年後半の完成を目標に、新しいダバオ市投資、観光ビルディングが建設される。ダバオ市投資促進センター( DCIPC:Davao City Investment and Promotion Center)と市観光局(CTOO:City Tourism Operations Office)がオフィスを構えることになる、4階建てビルの起工式が、今月12日に執り行われた。この工事には、5000万ペソが割り当てられる。

「投資を考えている人々にとって、我々のサービスへ、ずっとアクセスしやすくなることでしょう。DCIPCとCTOO、両方の任務は市をプロモーションすることです。我々は投資を通して、彼らは観光を通して、プロモーションする。違いはそれだけです。新しいビルディングでは、双方が同じ建物内になるので、オフィス間のコミュニケーションが取りやすくなり、効率的になることでしょう」と、DCIPCの責任者であるオルトニオ氏は述べた。

サラ・ドゥテルテ市長はこう声明をだした。「投資と観光、連携する両オフィスは、市政府において経済を後押しするための重要な部門です。ここ最近のダバオ市への関心の高まりは、投資の機会や観光客の増加へとつながるでしょう。もっと広範囲でクライエント、投資家、観光客に対応し、一層向上したサービスを、最善を尽くし提供していきます」。オルトニオ氏によると、2018年の第4四半期には新しいビルディングへの移動を目標としているとのこと。