【News】多くのシニア層が“Walk for Life”に参加

10月1日の日曜日、SMエコランドの駐車場にて、“Walk for Life”というイベントが開催され、約500人のシニア層が参加した。日曜日の早朝6時には、ダバオの3つの地域から集まったシニア層の人々がElderly Filipino Week(フィリピン敬老週間)を先がけて祝うイベント、“Walk for Life”にてズンバやウォームアップ運動に参加した。

フィリピン健康保険公社(Philhealth)のソレスタ氏は、「イベントは、保健省、市保健局を通してダバオ市政府、高齢者問題事務所と提携して行われました」 「我々は、このイベントに500人の市民を招待しました。そして、健康診断、眼科検診、歯科検診、無料マッサージやヘアカットのサービスも用意しました」と話した。

TV5は参加者にライスポリッジを提供した。 市保健局は、高齢者の健康診断と健康指導を行う医者を用意し、保健省は歯科医やその他の医療専門家を用意し、検診を指導した。「我々はシニア層に彼らの社会への貢献のお礼として、ウェルネスを奨励し、日常のルーティーンに休憩をはさむことで、幸福であってほしいのです」と、同氏は述べた。

ブハンギン地区から参加した参加者の一人は今年で2度目の参加であり、「このイベントには、私がそうであるように、シニア層に活力を与えてほしいのです。そのことによりさらに多くの人々が異なったアクティビティに参加するよう促進されることでしょう」と話した。