【News】ダバオ市、日本で投資説明会を開催予定

ダバオ市は、市の投資促進センター(DCIPC:Davao City Investment Promotion Center)を通じ、今年10月、日本でダバオ市のプロモーション活動を行うことを明らかにした。投資先、および観光地としてダバオ市に目を向けてもらう為、日本国内で投資説明会巡業を実施、市のプロモーション活動を行う。

DCIPCの責任者、オルトニオ氏は「まずは、ダバオ市がどこにあるのか、また観光地として何が提供されているのかということを 日本の皆さんに知っていただきたい。企業や観光客を呼び込むことができれば、 投資へつながると思っています。」と話している。

DCIPCは、市観光事業局と共に、東京、横浜、京都、大阪でダバオ紹介の説明会を行い、投資家と会合の機会を持つとのこと。プロモーションを行うのは、農業、観光、不動産、製造業の分野。東京、横浜、京都、大阪は日本の主要都市であり、各都市が、ダバオが推進している投資分野に合致する「強み」を持っているため、開催場所をこの4か所に特定したようだ。

同氏は、また、「今回の活動は、今後、各都市において、観光客誘致や投資誘致の最優良事例を示す基準活動となり得る。我々も、今後の誘致活動に役立つことを、日本で学ぶことができると考えている。」と述べている。

すでに、日本の各都市のビジネスグループもダバオ市を視察で訪れているとのこと。ダバオ側は、市以外にも、2つの農業関連会社と2つの不動産開発会社が参加を表明しているとのことで、ダバオにおける日本の投資獲得活動は、益々熱を帯びている。