【News】ダバオ市長、390億ペソの海岸開発プロジェクトを中止

ダバオ市のサラ市長は、ドゥテルテ大統領が市長時代に承認した市内ブカナからアグダオにかけての海岸沿いメガハーバー開発プロジェクトを中止することを決定した。市長は、メガハーバー港開発公社に対し、「ダバオ市の海岸開発プロジェクトを進めない」という決定を伝えたことを明らかにした。

市長は、「この決定は、入手可能な文書を1年以上掛けて慎重に検討、研究し、商業的、法的、社会的影響、および環境への影響を考慮した上でプロジェクト全体を評価し、決定された」と述べ、「合弁事業契約を打ち切るというこの決定は、商業的および環境的に持続可能なプロジェクトの実行によってダバオ市が前進し、経済成長の呼びかけに応えていくという方針が根底にある」と話した。

このプロジェクトには、200ヘクタールの埋立処分場と、洪水管理や防波堤の改善などのプロジェクトを通じて、海岸沿いのコミュニティの保護や立て直しのプランが含まれていた。該当地域のバランガイ関係者は、当初、それぞれの同意を出していたが、サラ市長が外部評価団体を通じてプロジェクトの見直しを行うよう要請していた。

市議会の規則委員会は、「合弁事業契約契約を終了させることは、市長の権限の範囲内である」と述べ、「すでに事業契約を承認し、署名している件については、今後検討する」と述べた。提案されたメガハーバープロジェクトは、現大統領のドゥテルテ氏がダバオ市長最後の日に承認されたプロジェクトだった。