【News】ダバオのコーヒー、アラビカ種の生産量が増量傾向

2016年のダバオ地方のコーヒー生産量は、トータル11,429トンとなり、2015年の11,680トンから 2.14%減少したことがわかった。フィリピン統計庁の報告によると、2016年の生産量のうち 67%はロブスタ種で7,678 トン、2015年より1.5%減少している。 ロブスタ種の収量が最も多かったのは、ダバオ・デル・スールで、2,849トン。次いで、コンポステラバレー、ダバオ・オリエンタル、ダバオ・デル・ノルテの順となった。

また、人気品種のアラビカ種はダバオ地域全体で2,247トン収穫され、2015年と比較すると、3.56%とわずかに増量となっている。 こちらも、ダバオ・デル・スールが最も多く、1,374トン 、ダバオ・デル・ノルテ、コンポステラ・バレー、ダバオ・オリエンタルは、それぞれ358トン、82トン、71トンの生産となった。

エクセルサ種は、1,426トンに達し、その内約半数の765トンはダバオ・デル・スールから、次いで、ダバオ・デル・ノルテ184トン、ダバオ・オリエンタル107トン、コンポステラ・バレー91トンとなった。一方、リベリカ種は、ダバオ・オリエンタルが57トン、ダバオ・デル・スールから18トンと、2州のみの少量生産となった。

ミンダナオ島産のコーヒーは、国内のコンテストで優勝するなど、近年注目を浴びている。優良なコーヒーを生産する農業組合や小規模生産者も増えており、市内のスペシャリティコーヒーショップは固より、首都マニラのコーヒーショップでも広く取り扱われている。今後、ますますダバオのコーヒーが注目される傾向にある。