【News】ダバオ市、地震被害の自治体へ420万ペソの財政支援

ダバオ市議会は、地震の被害が大きいダバオデルスル州と北コタバト州の被災者に対し、420万ペソの財政支援を実施することを承認した。支援金の初期案は320万ペソであり、大幅に増額されたといえる。

市災害リスク軽減管理事務所(City Disaster Risk and Reduction Management Office 以下CDRRMO)のAlfredo Baloran氏は、特別議会の開催を要請し、さらに財政支援の増額の承認を取り付けたという。また同氏は、財政支援を行う自治体をすでに決定していると述べた。

支援金の金額は、地方自治体法に基づき、各自治体の損害報告書から算出される。震源に近い自治体では多くの市民が深刻な被害を受けたことから、財政支援以外の継続的な支援を考える必要があるだろう。 

関連記事: