【News】ダモサランド、経済向上に向けて農産業経済地帯を促進

sdr

ダモサランド(Damosa Land, Inc.)のRicardo Lagdameo副社長は、ミンダナオの経済は主に農業を中心としていることを考慮すると、農産業経済地帯を設立することで農業者にさらなる機会を与えるきっかけになるだろうと述べた。

フィリピン経済特区庁(Philippine Economic Zone Authority)によると、農産業経済地帯は、地元の農水産物をベースとして、加工および生産活動を支援する施設を提供することを目的としている。

Lagdameo氏は、先日市内で開催されたダバオ投資会議2019(ICON)にて、ミンダナオが国内食品消費の約40%および国内食品貿易の30%以上を占めていることを明らかにしており、農産業経済地帯は、農業従事者に農産物の市場への展開の機会を提供すると述べた。ミンダナオ島はバナナ、カカオ、ゴム、ココナッツなどの農産物が 、国内 トップクラスの生産地だ。

農産業経済地帯が、農産物の流通販路拡大として機能すれば、フィリピン全体の経済に良い影響を与え、非常に利益のあるものとなるだろう。