【News】日本の大手チョコメーカー、ダバオでの投資を検討

ドゥテルテ政権が誕生し、知名度が急上昇したフィリピン第3都市であるダバオ市。同市の投資促進センターの責任者であるレムエル・オルトニオ氏は1月9日、日本の大手チョコレートメーカーより、ダバオ市内のチョコレート製造施設の実現可能性調査が提出されたと発表した。

日本企業の具体名は現時点では公表されていないが、同氏によれば実現の可能性については80%程度確信があり、年内に実現が可能なのではないかとコメントした。また、施設の建設については、カカオ農家の大部分が集中する第3地区が候補として挙がっている。

実にダバオ地方は、フィリピン国内のカカオ総生産量の81%を占めており、ダバオはチョコレートキャピタルとして知られている。同地域のカカオ生産量は、2010年から2016年にかけて少なくとも6%の年間平均成長率で、2010年以降一定の上昇を続けている。また、近年国際コンクールなどでも数々の賞を受賞するなど、ダバオ地方のカカオは、日本はもとより世界中から熱い視線を集めている。