【News】セーフスペース法を促進

一部の女性やLGBT人権団体は、最近署名されたセーフスペース法(共和国法第11313号)を称賛している。

セーフスペース法は、公共の場において性別に基づく野次行為などを含む行為を罰することを目的としており、違反者は50万ペソの罰金を科せられ、投獄される可能性もある。

女性人権団体Gabriela Southern Mindanaoの代表Jean Lindo氏は、セーフスペース法は公務員や大統領自身が率先して促進するのが最善であり、ジェンダーの公平性を内在化することは、法律に署名することと同様、重要であるとも語っている。

Gabrielaは、1998年にWomen Development Codeへの署名がなされているにもかかわらず、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が公の演説で性差別的な発言をしたことを批判したグループの一つとして知られている。

同法の可決は、持続可能な開発目標を通じて不平等および暴力に対処するという政府の取り組みと一致している。

ダバオ市のトランスジェンダー女性コンテストで優勝したRojean Buhian氏は、セーフスペース法によって、性的マイノリティの人々の権利を守ることができるようになることを期待していると述べた。

人々がお互いのアイデンティティを尊重するためには、権力がある立場の人々が率先してセーフスペース法を遵守することが大切となるだろう。