【News】国税局、積極的な税法の執行に移る

国税局(Bureau of Internal Revenue:以下BIR)は、「Oplan Kandado」に沿って積極的に税法を執行している。本キャンペーンは納税者の自主的なコンプライアンスを最大化するのみならず、税金違反者に対する警告や抑止力として、堕落したビジネスを摘発するものである。

BIRのMonica Delfina Penelope Alvizo氏はインタビューにおいて、本戦略は新規登録者による自主的なコンプライアンスを増加し、また、税金マッピング(四半期毎にBIRが事業所を訪問、規則の遵守をチェック)のための優れたデータベース作成に役立っていると述べた。

今年1月から5月にかけて、BIRダバオ地方事務所はこれまでに、ダバオ市内の7つの事業所の税金申告漏れを摘発している。

BIRは、未納税、登録の不履行、課税売上の過少申告、領収書発行の拒否といった不正行為を働く事業を閉鎖するとのことだ。

Oplan Kandadoは、不正に税金を払おうとしない事業たちをBIRの規則に迅速に遵守させる上で効果的なものになるだろう。