【News】ダバオのイゴロット民族、強い団結を見せる

Palarong Pambansa 2019(伝統競技)に参加したコルディリェラ行政地域団体(コーチ、シャペロン、選手を含む)は5月2日、イゴロットコミュニティとともにダバオ市で団結の夜を大いに祝った。

本催しはDepartment of Education(教育省)-CordilleraならびにCordillera Mindanao(以下CorMinda)が手配している。

CorMindaは、コルディリェラ行政地域から離れたイゴロット族の文化と団結を維持するため、2014年にダバオ市にて、ミンダナオ島に住むイゴロット族で構成された組織である。

コルディリェラ団体の勝利を祝うため、地元のイゴロット族は夕食会および小規模なイゴロットフェスティバルを行ったほか、団体の士気を大いに高めるため、ミンダナオに移住したイゴロット族も参加したそうだ。

コルディリェラ団体と地元のイゴロット族が団結の夜に集まったことは、ダバオ市の人々の多様性を強調しており、ダバオ市の文化的アイデンティティを強められるだろう。