【News】ダバオの生殖健康管理センター、妊婦に無償HIV検査を受けるよう促す

ダバオ市のReproductive Health & Wellness Center (生殖健康管理センター:以下RHWC)は今回、Brokenshire Women Centerと提携し、毎週水曜日にRHWCにてHIV検査を無償提供することを発表した。

RHWCの地域保健福祉ワーカーのEddie Batoon氏は、市内に住む妊娠初期の全妊婦に対し、胎児の保護のための予防措置を講じるため、HIV検査を受けるよう奨励。

医療学によれば、ウイルス量によっては妊娠、出産、授乳中の幼児にHIVが感染する確率は20~25%。しかし検査結果が陽性であれば、母子感染の可能性を減らすために、早期に抗レトロウイルス治療(以下ART)を受けることができるとされている。

HIV/Aids and ART Registry of the Philippinesの報告では、2011年から2017年までに281人のHIV陽性妊娠が治療を受け、2017年には66人中43人が無償ARTを受けているそうだ。