【News】ダバオのコーヒー農家組合、米国への輸出に着目

国内で最も優れたアラビカコーヒーを栽培しているBalutakayコーヒー農家組合(Balutakay Coffee Farmers Association:以下BACOFA)は、米国市場に対して毎年最大5トンのスペシャルティコーヒー輸出を検討していると発表。

Philippine Coffee Advancement and Farm Enterpriseプロジェクトを担当するTerrence John Ryan氏は、米国のボストン市で開かれるスペシャルティコーヒー・エキスポにて、BACOFAは自慢のスペシャルティコーヒーを提示し、輸出価格について交渉すると説明した。

BACOFAは、マニラ、カビテ、バレンズエラ、ケソン、イロイロ、バコロド、セブ、ボホール、イリガン、カガヤン・デ・オロ、ダバオを含む17都市からのバイヤーに対し、そのスペシャルティコーヒーを供給している。

また一方で、Philippine Coffee Quality Competition 2019(フィリピンコーヒー品質大会)のアラビカ部門の優勝者のMarivic Dubria氏も、日本に対して500~1,000キロ、カナダに対し200~300キロのスペシャルティコーヒーを毎年輸出していると報告した。