【News】ダバオ−サマル間を結ぶ橋の建設計画

フィリピン国公共事業道路省(DPWH)によると11.9億ペソが橋の建設費として充当されており、現在は着工の可能性を検討している段階であるという。事前調査は日本のJICA及び片平エンジニアリング・インターナショナルが実施している。また、ダバオ対岸のサマル島の観光関係者やドゥテルテ大統領は、島の経済と観光を促進するものとして、橋の建設を強く推進しているという。