【News】フィリピンバナナ栽培輸出業協会、海外へのバナナ苗の販売禁止条例を求める

フィリピンバナナ栽培輸出業協会(Pilipino Banana Growers and Exporters Association:以下PBGEA)のStephen Antig氏は先日、大量のバナナ苗の購入を試みる海外ビジネスマンからのメールを受け取ったと発表した。

Antig氏は、海外へのバナナ苗の販売を禁止する条例を制定するために、地方議員に協力を求めたことも明かしている。大量のバナナ苗がフィリピン国外に輸出されれば他国との競争が生じ、国内のバナナ産業にとって大きな問題を引き起こす可能性があるという。

海外へのバナナ苗の販売を禁止するための措置の確立については、現在、農務省や地方自治体、その他の利害関係者との協力について検討および計画を行っているようだ。

高品質なバナナは、海外に輸出している品目の中でも大きなウェイトを占めており、他の国々がバナナ苗を入手することは、PBGEAにとって大きな懸念材料となる。もしも条例案が否決された場合は、世界のバナナ産業における優位性を維持するためにも、さらなるバナナの品質の改良・向上に目を向け、競争していかなければならないだろう。