【News】戒厳令下のダバオ市内にも安全対策チェックポイント設置か

ダバオ市のサラ・ドゥテルテ市長の要請を受け、ダバオ市協議会は、今週ダバオ市内にフィリピン国軍と国家警察によるチェックポイントの設置について協議を行うと発表した。これはミンダナオ全域の戒厳令の発令に伴う措置であり、市内の治安強化を目的としている。

この事案は、5月26日金曜日のダバオ市治安維持協議会の会議で議題に上り、安全対策関係の市内関連省庁代表者により話し合いがもたれた。ダバオ市協議会議長ニノ・アベリエラ氏によると、関連文書は30日火曜日にダバオ市に提出される予定である。議会で承認されればダバオ市内にもチェックポイントが設置されることになり、安全強化に繋がるが、交通渋滞の悪化が懸念される。(写真:ダバオ市近郊のセキュリティーチェックポイントで警備をする国軍兵士ら)