【News】ミンダナオ開発庁、バーター取引での地場産品を強く促す

ミンダナオ開発庁(Mindanao Development Authority:以下MinDA)のRomeo Montenegro氏は、この度のミンダナオにおけるバーター取引制度の復活に伴い、さらなる地場産の高付加価値商品を支持していると発表した。

高付加価値製品とは、より良い品質で加工され生産されるもので、これらの加工は更なる雇用機会を創出し、高付加価値はより高い収益を生み出すと説明。

さらに同氏は、バーターエリア内に点在する小規模の取引業者にバーター取引制度下の政策枠組みが提供されれば、その規模を拡大できるほか、生産をさらに増やし、価格の引き上げに繋がると述べた。

MinDAは関税局(Bureau of Customs)と協力し、バーター取引制度に基づいた製品の許容を定めている。今回のバーター取引は、ミンダナオの経済活動および開発を促進する小規模な事業をターゲットとしている。

新たに復活したバーター取引制度では、高品質の製品がより多くの利益を生み出し、3倍の価格で最寄りの都市から購入しなければならない供給品へのアクセスが便利になる。